田中先生のページです。

慢性的な胃や腸のお悩みがある方、お茶の水循環器内科で機能性消化管疾患(過敏性腸症候群など)の専門治療を受けることができます。月に1回、お茶の水循環器内科で、消化器内科(特に慢性的な消化器症状)専門の田中医師外来を行っています。

【慢性便秘外来、過敏性腸症候群外来】開始!

「なかなか平日に受診しづらい」「お腹の悩みを相談しづらい」

そのような方のために、お茶の水内科で「慢性便秘外来、過敏性腸症候群外来」を始めます。

 

このような症状がある方

・週に1-3回程度しか排便がない

・便が固くて、毎回排便が大変

・ストレスがかかると、お腹が痛くなり、便が柔らかくなったり、固くなったりする

・慢性的な胃痛や不快感

・突然の腹痛や下痢・便秘がある

・ストレスがあるとおなかを壊しやすい

・内視鏡検査で「異常なし」と言われたけど、上記症状がある方

ビジネスマンや、受験生など幅広い年齢層を対象にしています。またウェアラブルデバイスなどを用いた日常生活指導なども行うことができ、効果的なアドバイスを心がけています。

対象疾患の説明

機能性消化管疾患、中でも過敏性腸症候群、機能性ディスペプシアと呼ばれる疾患、その他消化管を専門としています。ストレス関連ホルモンを軸に、脳と腸の関係について、研究も行っています。

田中医師概要

日経メディカル・オンライン、おなかハッカーwebなどで医療者や一般の方向けに情報発信も積極的に行っています。2018年1月に東北大学より過敏性腸症候群の補助アプリ「おなかナビ」をApple ResearchKit(Appleがサポートする臨床研究プラットフォーム)において、世界初でリリースしています。この分野のトップランナーである、東北大学で研究や臨床を行っており、お茶の水循環器内科で非常勤医師を行っております。

関連サイト:

・おなかナビ→https://onakanavi.sb.ecei.tohoku.ac.jp

・日経メディカル「田中由佳里の「ハラワタの診かた」→http://medical.nikkeibp.co.jp/inc/all/series/ytanaka

・おなかハッカー→http://abdominalhacker.jp

外来担当医の診療スケジュールは下記ページをご覧ください。

外来担当医→https://ochanomizunaika.com/doctors